あなたの声かけがあの人の心を救う

沢山ある種類があるうつ病|症状によって接し方が変わってくる

うつ状態のサポート

ドクター

うつ状態の情報共有

メンタルヘルス不調の代表的な病名として、うつ病が挙げられます。抑うつ気分があったり、思考力が低下するといった思考面の症状が出たり、睡眠不足など身体面における症状がでることが一般的に言われています。しかし、うつ病も、いろいろな種類があり、一括りにできるものではありません。前述したものは、いわゆる大うつ病と言われるものに見られる症状です。これに対して、抑うつ気分などの症状が出る一方で、気分が異常に高揚し、妙に怒りっぽくなる場合があります。加えて、活動が妙にエネルギッシュになり、ハイテンションの状況が続きます。そして、一定の期間が経過すると、再びうつ状態に陥るなどを繰り返します。これが、躁うつ病、双極性障害といわれるうつ病です。躁状態になっているときに、とんでもない決断をして、社会的、仕事的、あるいは金銭的に重大な損害をもたらしかねない精神状態になります。この双極性障害についても、度合いが重度のものを双極性?型障害、軽度のものを双極性?型障害に分けられます。また、典型的なうつ病の症状が見られない非定型うつ病と呼ばれるタイプもあります。楽しい出来事に接して少しは気分が明るくなりますが、手足の重さや食欲増進などが出ます。一見すると、病気でなくても普通にあり得る状況ですので、病気であると判別できない場合もあります。これに近いものとして仮面うつ病があります。軽いうつ状態、無気力症状がある場合ですが、これも誰にでも見られることですので、疾患と捉えるべきか否かについても議論が分かれます。同様に、自分の好きな活動の時は元気なのに、仕事や勉強になると調子が悪くなる、いわゆる新型うつ病もあります。この場合、周囲からの理解が得られない場合が多く、また本人も病気を理由にするところがありますので、違った意味でも社会的な問題となっています。特に若い世代が発症する場合が多くあります。高齢者の場合、退職したり、子どもが独立して、やることがなくなったり、一方で健康面の不安が出ます。このような時期にもうつ状態になることがあります。このように発症にも様々なパターンがありますので、うつ病を抱えている人に対する接し方も変わってきます。また、ほかの病気であれば検査の結果など数値化したデータからどの程度の状況かわかりますが、うつ状態を測ることは非常に困難です。一般的に、がんばれという言葉はかけない方がいいとされていますが、これは接し方としての基本になります。本人に病状を聴くわけにはいきませんので、周囲の人間が患者の情報を共有することも重要です。これにより、接し方のスタンスについての情報も共有されることになります。この結果、患者の状況がわかっていれば、いろいろな場面で予測ができますので、患者に負担感を感じさせず、また自分たちも困らないようにあらかじめ準備をしておくこともできます。患者には、休息が必要ですので、休むことができる環境づくりとサポートするために必要なことの把握が必要です。職場復帰にはかなりの時間がかかることを前提に、患者に慌てないでも大丈夫という接し方をすることが重要です。

より良い治療に向けて

相談

精神科へ行くのに気が引ける場合、最初は心療内科に通うのも良く、うつ病では早期治療を目指すのが正しい接し方です。もしも病院との相性が合わない時は、転院を申し込むのも大事な接し方ですので、相性の良い医師を探してうつ病の治療を続けましょう。

共感の姿勢で話をする

聴診器

うつ病に罹患した家族や友人に対してどのような接し方で臨むと良いのだろうか考えることがあります。そのような場合は、共感の姿勢を持って相手の話を聞くことが大切です。あまり構えすぎずに自然態で接すると良い結果が得られるのではないでしょうか。

周りの人の対応仕の重要性

悩む人 身近にうつ病の人がいる場合は接し方がとても重要です。一番大切な事は、否定などせず相手の話しをきちんと聞いてあげる事が大切でしょう。例えマイナスな事を発言していたとしても、全てを受け入れる気持ちで優しく見守る事が大切です。